産経ニュース

【政治デスクノート】“嵐を呼ぶ女”塩村文夏元都議は雌伏の時 みたび「強風」が直撃する?

ニュース 政治

記事詳細

更新

【政治デスクノート】
“嵐を呼ぶ女”塩村文夏元都議は雌伏の時 みたび「強風」が直撃する?

支援者らとの会合であいさつする塩村文夏氏=2月22日、東京都内 支援者らとの会合であいさつする塩村文夏氏=2月22日、東京都内

 やはり嵐を呼んだ!? 昨年10月の衆院選に広島3区から立候補した民進党の塩村文夏(あやか)氏(39)は党分裂騒動に巻き込まれ、無所属での戦いを余儀なくされた。東京都議時代に所属するみんなの党が内紛続きで解党したのに続き、2度目の分裂劇。苦杯をなめ、次期衆院選に向けて雌伏のときを過ごしているが、なお民進党には分裂の気配が漂っている。よほど騒動が好きなのか、それとも騒動に好かれているのか…。

 「選挙がスタートする日のことが忘れられない」。塩村氏は2月下旬、都内で開かれた支援者らとの会合で、先の衆院選をそう振り返った。「悔しい気持ち、悲しい気持ち…。ついにこの日が来てしまった。でも絶対に頑張らないといけない」。複雑な心境のまま迎えた衆院選だった。

 昨年7月の都議選に立候補するのをやめ、「ドロ船」と皮肉られていた民進党から衆院選に“くら替え”出馬する決意をした矢先の衆院解散。民進党は立候補予定者を含む全員が希望の党に合流する予定だったが、当時の希望の党代表、小池百合子東京都知事(65)が持ち出した「排除の論理」をきっかけに、分裂する。

続きを読む

このニュースの写真

  • “嵐を呼ぶ女”塩村文夏元都議は雌伏の時 みたび「強風」が直撃する?
  • “嵐を呼ぶ女”塩村文夏元都議は雌伏の時 みたび「強風」が直撃する?

「ニュース」のランキング