産経ニュース

【森友文書】国会は空転、野党「今は我慢くらべ…」 安倍晋三首相は「現場に苦労かけている」

ニュース 政治

記事詳細

更新

【森友文書】
国会は空転、野党「今は我慢くらべ…」 安倍晋三首相は「現場に苦労かけている」

野党の一部議員が欠席したまま行われた参院予算委員会で、日本維新の会の浅田均氏の質問に答える麻生太郎副総理兼財務相=8日午後、国会・参院第1委員会室(斎藤良雄撮影) 野党の一部議員が欠席したまま行われた参院予算委員会で、日本維新の会の浅田均氏の質問に答える麻生太郎副総理兼財務相=8日午後、国会・参院第1委員会室(斎藤良雄撮影)

 野党は8日、学校法人「森友学園」(大阪市)への国有地売却をめぐり財務省が参院予算委員会理事会に提出した決裁文書の写しが、すでに開示された内容と変わらなかったことに反発、予算委を欠席するなど強硬姿勢を強めた。立憲民主、希望、民進、共産、自由、社民の6野党は9日以降の国会の日程協議に応じない構えだ。与党内では問題の長期化への危機感が募り始めている。(小沢慶太、千田恒弥)

 6野党は8日、予算委には出席せず、国会内で文書書き換え疑惑を追及する合同集会を開いた。

 立憲民主党の福山哲郎幹事長は「国会審議が空転し混乱しているのは、すべて財務省の対応に起因する」と語気を強め、共産党の小池晃書記局長は「書き換えが事実なら内閣総辞職に値する」と気炎を上げた。

 野党欠席のまま参院予算委の審議を続行した与党にも矛先は向き、民進党の羽田雄一郎幹事長代理は「強行的に進めることがあってはならない」と怒りをにじませた。

 6野党は幹事長・書記局長会談で、国政調査権に基づく調査を行うよう与党に求める方針を重ねて確認した。ただ国政調査権の発動は与野党合意が慣例となっており、現状では与党側が求めに応じる気配はない。

続きを読む

このニュースの写真

  • 国会は空転、野党「今は我慢くらべ…」 安倍晋三首相は「現場に苦労かけている」

「ニュース」のランキング