産経ニュース

自民・山谷えり子氏「自衛隊の目的・性格を明確に示すのがよい」 立民・風間直樹氏「安倍晋三首相の9条改憲には反対」 参院憲法審の発言要旨

ニュース 政治

記事詳細

更新


自民・山谷えり子氏「自衛隊の目的・性格を明確に示すのがよい」 立民・風間直樹氏「安倍晋三首相の9条改憲には反対」 参院憲法審の発言要旨

自民党の山谷えり子氏=15日午後、東京・永田町の衆院第一議員会館(斎藤良雄撮影) 自民党の山谷えり子氏=15日午後、東京・永田町の衆院第一議員会館(斎藤良雄撮影)

 参院憲法審査会は21日、憲法論議を再開した。発言要旨は以下の通り。

 【9条改正】

 自民党・山谷えり子元拉致問題担当相「9条2項を維持し、その後に『前項のもと、わが国の平和と独立、国民の生命と財産を守り、国際平和に寄与するための自衛隊を置く』のように自衛隊の目的・性格を明確に示すことがよいのではないか」

 自民党・松川るい参院議員「現行の9条は現実と大きく乖離(かいり)している。日本が他国で武力行使することよりも、他国から日本に武力行使される可能性を心配している。私は本来、9条2項は削除すべきだと思うが、具体的な憲法論議を進め、案をまとめていく観点から9条2項を維持した上で、9条3項に自衛権を明記する。自衛権とともに自衛隊を明記することもあり得る」

 立憲民主党・風間直樹参院議員「立憲民主党は安倍晋三首相の9条改憲には反対だ。後法は前法に優越する法解釈の基本原則により、9条1項、2項の規定が空文化しかねない。この場合、自衛隊の権限は法律に委ねるので、憲法上はいわゆるフルスペック(全面的)の集団的自衛権行使が可能となりかねない。よって自衛隊を憲法に明記することは、安全保障法制の追認となることから反対だ。これが立憲民主党の基本的な立場だ」

続きを読む

関連ニュース

「ニュース」のランキング