産経ニュース

河野太郎外相、苦肉の「土日外交」 中国政府に「借り作った」 ツイッターで不満爆発

ニュース 政治

記事詳細

更新


河野太郎外相、苦肉の「土日外交」 中国政府に「借り作った」 ツイッターで不満爆発

 1月22日の通常国会召集以降、河野太郎外相が苦肉の「土日外交」を強いられている。平日は朝から夕方まで国会審議に対応し、海外出張が可能なのは「土、日」にほぼ限られているからだ。今後も国会審議に過度に縛られれば、肝心の外交交渉で国益を損なう懸念もある。

 「腕を組んで目を瞑(つぶ)る暇に仕事させてほしい!」。河野氏は14日、自身のツイッターで同日の衆院予算委員会に不満を爆発させた。この日は外交・安全保障をテーマとしたテレビ中継入りの集中審議だった。河野氏も終日、出席した。

 ところが、質問は働き方改革関連法案に集中し、外交に関する議論は低調な上、答弁機会の少ない河野氏が閣僚席で目を閉じている姿に、ネット上で「寝ている」との指摘が相次いだことも不満爆発につながったようだ。

 外務省によると、平成25年1月からの約5年間で、河野氏と岸田文雄前外相の訪問国数が延べ97カ国なのに対し、中国の王毅外相は延べ262カ国に上る。河野氏が不満を募らせるのは、国会に拘束される時間が長ければ、中国外交に後れを取りかねないとの危機感があるからだ。

続きを読む

このニュースの写真

  • 河野太郎外相、苦肉の「土日外交」 中国政府に「借り作った」 ツイッターで不満爆発

関連ニュース

「ニュース」のランキング