産経ニュース

【野党ウオッチ】だから先祖返りか、間違ってできた政党が持論の「希望」のセンセイはだれ?  

ニュース 政治

記事詳細

更新

【野党ウオッチ】
だから先祖返りか、間違ってできた政党が持論の「希望」のセンセイはだれ?  

民進党時代、加計学園疑惑調査チームのメンバーとして公開質問状を手に首相官邸を訪れた今井雅人氏(中央)ら=昨年6月27日(斎藤良雄撮影) 民進党時代、加計学園疑惑調査チームのメンバーとして公開質問状を手に首相官邸を訪れた今井雅人氏(中央)ら=昨年6月27日(斎藤良雄撮影)

 今井氏は過去4回の衆院選全てに違う政党から立候補し、いずれも比例復活当選している。

 玉木氏らと同じく21年の衆院選で民主党から初当選したが、その後は大きく異なる道を歩んできた。失速著しい民主党から逃げ出した今井氏は24年の衆院選に、当時の橋下徹大阪市長(48)が率いた日本維新の会から立候補した。橋下氏は後に、今井氏を次のように批判している。

 「野田(佳彦)政権がもうダメだとなったとき、自分だけはとにかく当選するために、まさに保身のために、僕に助けを求めてきた」

 「岐阜の自分の選挙区にとにかく応援に入ってくれと、しつこくしつこく言われた」

 今井氏が比例復活当選者である以上、反論の余地はあるまい。ボロボロの民主党の看板を背負って選挙を戦い、なおかつ勝ち上がってきた玉木氏らとは実に対照的である。

 24年9月25日、民主党幹事長室に離党届を持参した今井氏が語った言葉を私は今でも覚えている。

 「(国会議員の)定数削減などの『身を切る改革』ができなかった。一つのけじめをつけたいということで、離党ということになった」

続きを読む

このニュースの写真

  • だから先祖返りか、間違ってできた政党が持論の「希望」のセンセイはだれ?  
  • だから先祖返りか、間違ってできた政党が持論の「希望」のセンセイはだれ?  
  • だから先祖返りか、間違ってできた政党が持論の「希望」のセンセイはだれ?  
  • だから先祖返りか、間違ってできた政党が持論の「希望」のセンセイはだれ?  

「ニュース」のランキング