産経ニュース

杉山晋輔駐米大使、インタビュー詳報「非常に良好な日米同盟関係を維持していく」「中国に言うべきことは言う」

ニュース 政治

記事詳細

更新


杉山晋輔駐米大使、インタビュー詳報「非常に良好な日米同盟関係を維持していく」「中国に言うべきことは言う」

インタビューを受ける、3月から駐米大使として赴任する杉山晋輔氏=15日午前、東京都千代田区(佐藤徳昭撮影) インタビューを受ける、3月から駐米大使として赴任する杉山晋輔氏=15日午前、東京都千代田区(佐藤徳昭撮影)

 「まだ赴任もしていないし、現地に行ってから最大限、微力ながら力を尽くしたい。その中で、非常に良好な日米同盟関係を維持していく。できれば、それをさらに強化していく努力が駐米大使としては一番重要な役割だ。日米関係は2国間の投資、貿易、または安保体制をいかにきちんと運用していくか、という2国間の文脈も大きいが、単なる地域の同盟だけではなくて、世界の中で重要な意味を持っている。そう考えると、対中関係をどうするか、あるいは国際関係の中で同盟をどう運用していくかが非常に重要だ」

 「もはや、日米の同盟関係は、2国間の問題だけではない。世界2位の経済大国になり、発展している中国を、どのようにわれわれと一緒に、われわれと同じように、国際的に確立されたルールにのっとって、国際社会のために、地域の安全保障のために、関係を築いていくか。日中関係、米中関係という2国間関係は別途、重要な関係としてあるが、日米同盟にとっても、どうやっていくのか。ただ、よく誤解されるので、これはあえて申し上げておくが、日本と米国が協力し、中国に対峙(たいじ)するとか、対立するとか、そういう意味では全くない」

続きを読む

「ニュース」のランキング