産経ニュース

【野党ウオッチ】口を開かずとも“ダースベイダー”に 希望・細野豪志氏が嫌われる理由

ニュース 政治

記事詳細

更新

【野党ウオッチ】
口を開かずとも“ダースベイダー”に 希望・細野豪志氏が嫌われる理由

希望の党の細野豪志憲法調査会長 希望の党の細野豪志憲法調査会長

 「『だれだれ君』がいるから、このグループはイヤだ」-。小学生のケンカのような騒動が東京・永田町の一角で起きている。希望の党と民進党との統一会派結成交渉が頓挫した理由について、両党周辺が口をそろえて希望の党の細野豪志憲法調査会長(46)の存在を挙げているのだ。かつて将来の首相候補といわれた細野氏だが、民進党系の衆院会派「無所属の会」に加え、希望の党内でも「民進党系勢力再結集の足かせ」として「細野切り」を暗に主張する声が出る始末だ。そこまで嫌われる理由はいったい何か。

 今月6日午前、希望の党創設メンバーの松沢成文参院議員団代表(59)は国会内の一室で古川元久幹事長(52)に「翌7日の役員会で分党を提案する」と述べ、松沢氏側に同調する計5人のリストを突きつけた。しかし、古川氏は松沢氏の提案に難色を示した。

 そもそも松沢氏側の意向をくんで分党の選択肢を提案したのは執行部側で、1月17日に民進党との統一会派構想が頓挫する前の話だった。しかし、一呼吸を置いたことで、党内の若手を中心に勢力減を意味する分党への忌避感が生じ、分党提案は両院議員総会で否決される恐れがあった。党内の混乱を懸念した古川氏は松沢氏に対し、こうも本音を漏らしたという。

 「根回しをする時間がほしい」

続きを読む

このニュースの写真

  • 口を開かずとも“ダースベイダー”に 希望・細野豪志氏が嫌われる理由
  • 口を開かずとも“ダースベイダー”に 希望・細野豪志氏が嫌われる理由
  • 口を開かずとも“ダースベイダー”に 希望・細野豪志氏が嫌われる理由
  • 口を開かずとも“ダースベイダー”に 希望・細野豪志氏が嫌われる理由

「ニュース」のランキング