産経ニュース

【被災地を歩く】解体か保存か 揺れる岩手県大槌町の旧役場庁舎

ニュース 政治

記事詳細

更新

【被災地を歩く】
解体か保存か 揺れる岩手県大槌町の旧役場庁舎

解体か保存かで揺れてきた大槌町旧役場庁舎。3月議会でどのような結論がでるのか=岩手県大槌町 解体か保存かで揺れてきた大槌町旧役場庁舎。3月議会でどのような結論がでるのか=岩手県大槌町

 岩手県内で東日本大震災の犠牲者が陸前高田市に次いで多い1285人を数えた大槌町を訪ねた。高さ10・7メートルの津波に襲われ、震災当時の加藤宏暉町長らが犠牲になった旧役場庁舎について、平野公三町長が昨年12月、旧役場庁舎を平成30年度に解体する予算案を3月の町議会に提案する方針を示し、解体か保存かで揺れ続けてきた旧役場庁舎の今後に関心が高まっているのだ。(石田征広撮影、写真も)

 旧役場庁舎は町中心部の町方地区にある。大槌湾にそそぐ大槌川河口まで1キロ足らず。町方地区は平均で2・2メートルかさ上げされ、旧役場庁舎は周辺道路から見下ろす位置になった。

 大槌町災害対策本部の活動に関する検証報告書によると、震災直後、旧役場庁舎前駐車場の災害対策本部にいた加藤町長と職員計20人、庁内待機の職員8人、帰庁中の職員5人、避難所対応に向かった職員3人、移動中の職員2人の計38人が津波の犠牲になった。

 「津波は凄い威力だったんですね。一度見たら忘れられない」

 旧役場庁舎を前に、目を丸くしたのは山形県から水道工事に来ている男性作業員(30)。盛岡市から復興工事の交通整理員に来た男性(39)は「車で来て中をのぞき込む人。観光バスで来る人。思ったより多い感じ」と話した。

続きを読む

「ニュース」のランキング