産経ニュース

【経済インサイド】「それって働き方改革?」ツッコミどころ満載、農水省「一太郎」廃止報道に失笑

ニュース 政治

記事詳細

更新

【経済インサイド】
「それって働き方改革?」ツッコミどころ満載、農水省「一太郎」廃止報道に失笑

文書作成ソフトを「一太郎」から「ワード」に統一することを決めた農林水産省 文書作成ソフトを「一太郎」から「ワード」に統一することを決めた農林水産省

 一太郎は90年代前半までは、日本語ワープロソフトで圧倒的なシェアを誇っており、日本語ワープロソフトの代名詞的存在だった。しかし、95年にマイクロソフトが発売した基本ソフト(OS)「ウィンドウズ95」が大ヒット。それに付属された「ワード」にシェアを侵食され、2000年代には完全にシェア王座を受け渡した。

 ただ、ジャストシステムが開発した日本語入力システム「ATOK(エイトック)」は使い勝手の良さで根強い支持を受けており、ワードを使いながら日本語入力はATOKというユーザーは多い。

 時代の流れから、今では“過去の産物”的な扱いを受ける一太郎。だが、50代以上の農水省職員からは、その使い勝手の良さを賛辞する向きが強い。ある幹部は「ワードだと文字や行間などの詰め方がわかりにくい。一太郎はフリーカーソルで好きなところに文字を打ち込める」と、その扱いやすさを強調する。

 確かに、ネット上でも少数ではあるが「一太郎には一太郎の良さがある」「レイアウトの面で公文書には一太郎が適している」などと擁護する声もあった。とはいえ、民間企業や他省庁はすでにワードに統一されており、この幹部も「農水省は遅れていると理解している」と自嘲。苦戦しながらもワードでの文書作成に切り替え始めている。

続きを読む

このニュースの写真

  • 「それって働き方改革?」ツッコミどころ満載、農水省「一太郎」廃止報道に失笑
  • 「それって働き方改革?」ツッコミどころ満載、農水省「一太郎」廃止報道に失笑

「ニュース」のランキング