産経ニュース

集団ノロ 長野県公表せず 昨年末 別件は発表、割れる対応

ニュース 政治

記事詳細

更新


集団ノロ 長野県公表せず 昨年末 別件は発表、割れる対応

 長野県上田市菅平高原で昨年末に実施された小学生らを対象にしたスキーキャンプで、ノロウイルスの集団感染が発生した件について、長野県が公表を見送っていることが8日、分かった。県はその後、別の施設で発生した集団感染については公表しており、対応が分かれている。

 スキーキャンプは昨年12月26~29日、スポーツ施設などを運営する「東京ドームスポーツ」(東京、鈴木茂之社長)の主催で行われた。東京都内などに在住する6歳~12歳の小学生ら107人とスタッフ16人が参加し、菅平高原のホテルに宿泊。関係者によると、28日午後から夜にかけて児童23人やスタッフ8人が激しい嘔吐(おうと)を繰り返したという。

 長野県などの保健所が児童らの便を調査。同県上田保健福祉事務所(上田保健所)は1月18日付で調査結果をとりまとめた。

 産経新聞が入手した調査結果によると、同じホテルには同時期に7グループ計391人が宿泊。このうち東京ドームスポーツ主催のキャンプに参加した児童・スタッフ合わせ27人からノロウイルスを検出。他のグループの3人からも検出された。

続きを読む

「ニュース」のランキング