産経ニュース

【衆院予算委】「自衛隊明記は改憲の十分な理由になる」「国民投票否決でも合憲性不変」安倍首相

ニュース 政治

記事詳細

更新

【衆院予算委】
「自衛隊明記は改憲の十分な理由になる」「国民投票否決でも合憲性不変」安倍首相

衆院予算委員会で答弁する安倍晋三首相=5日午前、国会・衆院第1委員室(斎藤良雄撮影) 衆院予算委員会で答弁する安倍晋三首相=5日午前、国会・衆院第1委員室(斎藤良雄撮影)

 安倍晋三首相は5日の衆院予算委で、憲法9条に自衛隊を明記する自身の改憲案について「明確化することが、わが国の安全の根幹に関わる。憲法改正の十分な理由になる」と語った。

 憲法9条に自衛隊を明記する改憲案が国民投票で否決されても、自衛隊の合憲性は「変わらない」との認識を示した。

 麻生太郎副総理兼財務相は佐川宣寿国税庁長官が昨年、就任の記者会見を開かなかった理由について「森友学園などの話に話題が集中するのは国税庁長官の就任あいさつとは違う」と述べた。

関連ニュース

「ニュース」のランキング