産経ニュース

【吠えろ!!戌 年男・年女】自民・木原誠二衆院議員 岸田文雄氏の「お試し総裁選」ありえません やみくもに戦いに挑む必要ない

ニュース 政治

記事詳細

更新

【吠えろ!!戌 年男・年女】
自民・木原誠二衆院議員 岸田文雄氏の「お試し総裁選」ありえません やみくもに戦いに挑む必要ない

自民党の木原誠二政調副会長=東京・永田町の衆院第一議員会館(斎藤良雄撮影) 自民党の木原誠二政調副会長=東京・永田町の衆院第一議員会館(斎藤良雄撮影)

 9月には自民党総裁選があります。私が所属する岸田派(宏池会)の岸田文雄政調会長が「ポスト安倍」として注目されていますが「お試し総裁選」というのはありません。歴史ある派閥の長でもありますし、単なるチャレンジャーではダメです。出るからには勝ちにいく。いい戦いができなければいけない。いずれにしても決めるのはご本人です。周囲の者は、会長がどのような判断をしてもいいように準備だけはしっかりし、判断に従います。

大きな政権抗争必須

 岸田会長は外相時代、オバマ前米大統領の広島訪問や慰安婦をめぐる日韓合意など実績を積み上げました。でも本人は「俺がやった」と強調するタイプではありません。個人的には、日本には人の話をじっくりと聞く、トップダウンだけでなく下から支えるタイプのリーダーがいてもいいと思うんですけれどもね。

 今は、リベラルやコンサバティブ(保守)という概念で政治を切り分けるのは難しい時代。安倍晋三首相(党総裁)は、現実の政治課題に応じて、右から左まで課題を広く取り上げていますよね。中間層の創設や賃上げなどは、宏池会が重視してきたリベラル的な要素が多い。ですから、今後は左右の概念というより「リーダー像」が大切になるのではないでしょうか。

続きを読む

このニュースの写真

  • 自民・木原誠二衆院議員 岸田文雄氏の「お試し総裁選」ありえません やみくもに戦いに挑む必要ない
  • 自民・木原誠二衆院議員 岸田文雄氏の「お試し総裁選」ありえません やみくもに戦いに挑む必要ない
  • 自民・木原誠二衆院議員 岸田文雄氏の「お試し総裁選」ありえません やみくもに戦いに挑む必要ない

「ニュース」のランキング