産経ニュース

【野中広務氏死去】「信念の政治家」悼む声相次ぐ 森喜朗元首相「おやじのような存在だった」

ニュース 政治

記事詳細

更新

【野中広務氏死去】
「信念の政治家」悼む声相次ぐ 森喜朗元首相「おやじのような存在だった」

野中広務元官房長官=2014年2月19日午後、国会・参院第32委員会室(酒巻俊介撮影) 野中広務元官房長官=2014年2月19日午後、国会・参院第32委員会室(酒巻俊介撮影)

 自民党幹事長などを歴任した野中広務氏の死去を悼む声が26日、政界で相次いだ。

 森喜朗元首相(自民党)「野中氏の方が年上だったこともあり、私を指導してくれているおやじのような存在だった」

 古賀誠元幹事長(自民党)「国家と国民全体のことを考え抜いた、信念を持った政治家だった。昭和がまた一つ終わったという感じで、本当に寂しい」

 小沢一郎代表(自由党)「政治的手腕、力量には他の追随を許さないものがあり、同じ政治家としていつも感服していた」

 亀井静香元金融担当相「まさしく『巨星落つ』だ。日本にとって大事な方だった」

 鈴木宗男元衆院議員「平和主義を徹底する政治家だった。深い人生経験に裏打ちされた大きな器の人で、多くのことを学ばせてもらった」

 額賀福志郎元財務相(自民党)「本当に苦労し、日本再生の土台をつくった功績がある。長い間、ご指導をいただいた。心から哀悼の意を表す」

 青木幹雄元参院議員会長(自民党)「野中氏の奥さまが島根県出身で、国会議員になる前からお世話になった。非常に残念で、惜しい方を亡くした」

 二階俊博幹事長(自民党)「偉大な先輩を失い、ひときわさみしく思っている。指南役としてご指導をお願いしたかった」

続きを読む

「ニュース」のランキング