産経ニュース

【額賀派クーデター】「額賀降ろし」めぐり自民・竹下亘総務会長「私は半分当事者。動かないと決めた」

ニュース 政治

記事詳細

更新

【額賀派クーデター】
「額賀降ろし」めぐり自民・竹下亘総務会長「私は半分当事者。動かないと決めた」

自民党の竹下亘総務会長(斎藤良雄撮影) 自民党の竹下亘総務会長(斎藤良雄撮影)

 自民党の竹下亘総務会長は26日の記者会見で、党第3派閥の額賀派(平成研究会、55人)の参院メンバー(21人)が額賀福志郎会長の退任を求めていることに関し「幸か不幸か、私は半分当事者のような立場に立たされているので、動かないことを決めている」と述べ、静観する考えを示した。額賀氏が退任した場合の後任会長には竹下氏を推す声が強い。

 記者会見で竹下氏は、退任要求をめぐる派閥内の混乱について「こういう事態が起こらなければよかった。『衆参両院の(メンバー同士の)意思の疎通がうまくいっていなかったな』という思いはある」と胸中を打ち明けた。

 参院側トップの吉田博美参院幹事長は、額賀氏に月内に退任を決断するよう求め、決断しない場合は参院21人の集団離脱も辞さない構えを見せている。額賀氏は25日の派閥会合で続投の意思を示した。

「ニュース」のランキング