産経ニュース

矢口高雄氏らのマンガ版「市報よこて」 在庫切れで問い合わせ多数 秋田

ニュース 政治

記事詳細

更新


矢口高雄氏らのマンガ版「市報よこて」 在庫切れで問い合わせ多数 秋田

横手市報 横手市報

 漫画をあしらった秋田県横手市の広報誌「市報よこて」1月1日・15日合併号が、ファン垂涎(すいぜん)で入手困難となっている。「マンガのまち横手 新たな挑戦」と銘打ち、表紙は同市出身で「釣りキチ三平」で知られる矢口高雄氏ら、県出身の漫画家4人の作品のキャラクターで構成。「市報になじみのない子どもたちや、若年層に手にとって欲しかった」(秘書広報課)という。(藤沢志穂子)

 1月合併号の「市報よこて」は横手市出身の矢口氏と、きくち正太氏、東成瀬村出身の高橋よしひろ氏、秋田市出身の倉田よしみ氏の作品のキャラクターを表紙にあしらった。「『週刊少年ジャンプ』をイメージした」(秘書広報課)といい、巻頭で高橋大市長と矢口氏ら4人との対談を掲載、横手市増田まんが美術館を核とする、漫画による街おこしを語り合った。

 フジテレビ系でドラマ化され放映中の「海月姫」で知られる漫画家で、同市をたびたび訪れている東村アキコ氏のインタビューも掲載、全8ページの漫画特集だ。漫画誌に見えるため、一部の市民から「市報がまだ届かない」との指摘もあったという。

続きを読む

「ニュース」のランキング