産経ニュース

沖縄・宮古島陸自配備 弾薬庫は「保良鉱山」に整備 防衛政務官が市長に伝達

ニュース 政治

記事詳細

更新


沖縄・宮古島陸自配備 弾薬庫は「保良鉱山」に整備 防衛政務官が市長に伝達

下地敏彦市長(右)に弾薬庫などの陸上自衛隊施設の整備計画について伝える福田達夫防衛政務官=17日、沖縄県宮古島市役所(高木桂一撮影) 下地敏彦市長(右)に弾薬庫などの陸上自衛隊施設の整備計画について伝える福田達夫防衛政務官=17日、沖縄県宮古島市役所(高木桂一撮影)

 沖縄県の宮古島(宮古島市)への陸上自衛隊配備計画をめぐり、福田達夫防衛政務官は17日、同市役所を訪れ、下地敏彦市長に弾薬庫や射撃訓練場などミサイル部隊の関連施設を市城辺保良(ぐすくべぼら)の鉱山地区に建設する方針を伝達した。中国が尖閣諸島(同県石垣市)周辺での動きを強める中、日本政府はその軍事的脅威に備えた南西諸島の防衛力の強化が急務となっており、早ければ平成31年度の施設整備、部隊配備の完了を目指す。

 沖縄本島より西は陸自が配備されていない「空白地帯」だったが、28年3月に日本最西端の沖縄県与那国島(与那国町)に陸自の沿岸監視隊が配備された。宮古島の陸自配備はこれに続くものだ。

続きを読む

このニュースの写真

  • 沖縄・宮古島陸自配備 弾薬庫は「保良鉱山」に整備 防衛政務官が市長に伝達
  • 沖縄・宮古島陸自配備 弾薬庫は「保良鉱山」に整備 防衛政務官が市長に伝達
  • 沖縄・宮古島陸自配備 弾薬庫は「保良鉱山」に整備 防衛政務官が市長に伝達
  • 沖縄・宮古島陸自配備 弾薬庫は「保良鉱山」に整備 防衛政務官が市長に伝達
  • 沖縄・宮古島陸自配備 弾薬庫は「保良鉱山」に整備 防衛政務官が市長に伝達
  • 沖縄・宮古島陸自配備 弾薬庫は「保良鉱山」に整備 防衛政務官が市長に伝達

「ニュース」のランキング