産経ニュース

民進、希望との統一会派結論見送り 反対続出、分裂含み 衆院側は立民と協議へ

ニュース 政治

記事詳細

更新


民進、希望との統一会派結論見送り 反対続出、分裂含み 衆院側は立民と協議へ

民進党両院議員総会で、統一会派結成についての協議に臨む(左から)大塚耕平代表、増子輝彦幹事長、「無所属の会」の岡田克也代表=17日午前、東京・永田町の民進党本部(斎藤良雄撮影) 民進党両院議員総会で、統一会派結成についての協議に臨む(左から)大塚耕平代表、増子輝彦幹事長、「無所属の会」の岡田克也代表=17日午前、東京・永田町の民進党本部(斎藤良雄撮影)

 民進党は17日、両院議員総会を党本部で開き、希望の党との統一会派結成に関する結論を見送った。大塚耕平代表ら執行部は安倍政権への対抗勢力結集を掲げ、了承を得る構えだったが、理念や基本政策が違うとの反対意見が続出。強行すれば混乱が拡大しかねないと判断した。引き続き協議を重ねる方針だが、民進党系の衆院会派「無所属の会」は総会後の会合で、立憲民主党との統一会派結成に向けた協議を進めることを確認。党は分裂含みの展開だ。

 増子輝彦幹事長は総会後「きょうの段階で正式には決定していない。今後も協議を続ける」と記者団に説明。総会冒頭、大塚氏は「党としての考え方、現状について整理したい」と述べ、午後の地方幹部会合を含め、17日中に統一会派結成の党内手続きを終えたい意向を強調。ただ、無所属の会(岡田克也代表)は、結論を急げば分裂を招きかねないとして、17日の両院総会で決定することに反対の姿勢を示していた。慎重論は参院議員の一部にもある。

「ニュース」のランキング