産経ニュース

統一会派へかじを切った民進党と希望の党 「右」から「左」から野合批判、身内からも公然と批判…   

ニュース 政治

記事詳細

更新


統一会派へかじを切った民進党と希望の党 「右」から「左」から野合批判、身内からも公然と批判…   

会談に臨む、民進党の増子幹事長(左)と希望の党の古川幹事長=14日午後、東京都内 会談に臨む、民進党の増子幹事長(左)と希望の党の古川幹事長=14日午後、東京都内

 異論がくすぶる状況は希望の党も一緒だ。9日の党役員会では、松沢成文参院議員団代表が、安保政策で民進党にすり寄る執行部に「公約にのっとり明確に立場を打ち出してほしい」と公然と批判を唱えた。

 しかも、両党の統一会派構想に対する他党の受け止めは、与野党を問わず否定的な見解が大勢を占める。

 自民党の森山裕国対委員長は14日、鹿児島県曽於市で記者団に「希望の党の結党の経過から国民の理解が得られるのか」と疑問を示した。共産党の志位和夫委員長も「筋が通らない」と断じ、社民党の又市征治幹事長は「民進党ではダメだと出ていった人と一緒にやるのは理解できない」と突き放している。

 「右」からも「左」からも同じ趣旨の批判を浴びる現状が、統一会派構想の打算の実相を如実に物語っている。

(松本学)

「ニュース」のランキング