産経ニュース

【名護市長選】安倍政権VS共産党の様相 市民「辺野古移設より市民生活を優先で」 

ニュース 政治

記事詳細

更新

【名護市長選】
安倍政権VS共産党の様相 市民「辺野古移設より市民生活を優先で」 

市民集会で、手をつないでガンバロー三唱を行う稲嶺進氏(左から2人目)と共産党の志位和夫委員長(同3人目)=12日、名護市(八重山日報提供) 市民集会で、手をつないでガンバロー三唱を行う稲嶺進氏(左から2人目)と共産党の志位和夫委員長(同3人目)=12日、名護市(八重山日報提供)

 市民の間でも「辺野古より市民生活」という機運が漸次浸透しつつある。「無党派」だというタクシー運転手や飲食店員ら十数人に聞いても然りだった、自身の「権限」で辺野古移設を阻止するという稲嶺氏の公約が「幻想」に過ぎないことに、市民が気づき始めているのは間違いない。

 むろん、稲嶺氏陣営は「予想以上に厳しい戦いだ」と焦りを隠さない。「公示前に市内を走る街宣車の数は前回の倍以上」(関係者)だという。

 わけても陣営の中核を担う共産党の専従職員や関連団体メンバーらが全国から大挙して名護市に入り、個別訪問や街頭でのビラ配り、手振りなどの活動を強化している。同党が用立てたとみられる「大宮」ナンバーの街宣車も見かけた。

 12日夜、名護市で開かれた稲嶺氏を支える市民集会には約1000人の市民らが出席した。稲嶺氏は「辺野古(移設)を止める希望を持ち、あきらめない」と“金科玉条”の持論を唱えた。

 共産党の志位和夫委員長も駆けつけ「辺野古(移設)を推進する官邸、自民党丸抱えの相手に負けるわけにはいかない」と声を張り上げた。

続きを読む

このニュースの写真

  • 安倍政権VS共産党の様相 市民「辺野古移設より市民生活を優先で」 
  • 安倍政権VS共産党の様相 市民「辺野古移設より市民生活を優先で」 
  • 安倍政権VS共産党の様相 市民「辺野古移設より市民生活を優先で」 
  • 安倍政権VS共産党の様相 市民「辺野古移設より市民生活を優先で」 
  • 安倍政権VS共産党の様相 市民「辺野古移設より市民生活を優先で」 
  • 安倍政権VS共産党の様相 市民「辺野古移設より市民生活を優先で」 
  • 安倍政権VS共産党の様相 市民「辺野古移設より市民生活を優先で」 
  • 安倍政権VS共産党の様相 市民「辺野古移設より市民生活を優先で」 

「ニュース」のランキング