産経ニュース

安倍晋三首相、リトアニアのスクバルネリス首相と対北朝鮮圧力強化で一致 ブルガリアのボリソフ首相とも会談へ

ニュース 政治

記事詳細

更新


安倍晋三首相、リトアニアのスクバルネリス首相と対北朝鮮圧力強化で一致 ブルガリアのボリソフ首相とも会談へ

リトアニアのスクバルネリス首相(右)と共同記者発表に臨む安倍首相=13日、ビリニュス(共同) リトアニアのスクバルネリス首相(右)と共同記者発表に臨む安倍首相=13日、ビリニュス(共同)

 【ビリニュス=田村龍彦】欧州歴訪中の安倍晋三首相は13日(日本時間14日未明)、リトアニアの首都ビリニュスでスクバルネリス首相と会談し、北朝鮮の核・ミサイル開発を阻止するため、圧力を最大限まで高めることで一致した。

 安倍首相は会談で「北朝鮮はビリニュスも射程に入る弾道ミサイルを発射するなど、欧州全体にとって脅威だ」と訴えた。両首脳は北朝鮮の核武装は容認できず、国連安全保障理事会の制裁決議の完全履行などで圧力を高める必要があるとの認識を共有した。

 安倍首相は共同記者発表で「法の支配に基づく国際秩序の維持強化に向け、緊密に連携していくことで一致した」と述べた。中国の海洋進出やロシアのクリミア併合が念頭にあるとみられる。

 バルト三国の訪問日程を終えた安倍首相は14日午後(同14日深夜)にブルガリアの首都ソフィアに移動し、ボリソフ首相と会談する。同国は今年前半の欧州連合(EU)議長国を務めており、会談では北朝鮮に対する制裁や日本とEUの経済連携協定(EPA)早期発効に向けた連携を確認する見込みだ。欧州統合に重要なセルビアやコソボなど西バルカン地域の安定と発展に日本が貢献していく考えも示す。

「ニュース」のランキング