産経ニュース

問われる自民・森山裕国対委員長の手腕 タイトな国会日程、野党再編の混乱…予算案早期成立へどう動く

ニュース 政治

記事詳細

更新


問われる自民・森山裕国対委員長の手腕 タイトな国会日程、野党再編の混乱…予算案早期成立へどう動く

地元で講演する自民党の森山裕国対委員長=14日午後、鹿児島県曽於市(田中一世撮影) 地元で講演する自民党の森山裕国対委員長=14日午後、鹿児島県曽於市(田中一世撮影)

 自民党の森山裕国対委員長は14日、鹿児島県曽於市で講演し、22日召集の通常国会で平成29年度補正予算案の早期成立などに全力をあげる考えを強調した。6月20日の会期末までに憲法改正議論や「働き方改革」関連法案などの審議を進める必要があり、政府・与党にとっては30年度予算案の年度内成立が至上命題となる。窮屈な日程で野党再編の混乱も続く難局国会を前に森山氏の手腕が問われそうだ。

 「まずやらなければならないのは補正予算案の1日も早い成立だ。30年度予算案もしっかり成立させる」

 森山氏は14日の講演でこう訴えた。2月1日までに29年度補正予算案を成立させ、翌2日に30年度予算案審議に入りたい考えだ。

 だが、衆院予算委員会は審議入り前から紛糾が予想される。森山氏は与野党の質問時間配分を見直す考えだが、割合を減らされる野党の反発は必至だからだ。

 今年は9月に自民党総裁選を控え、会期の大幅延長は難しい。予算案成立が4月にずれ込めば後半国会の運営は一段と苦しくなる。

 安倍晋三首相は残業時間の上限規制などを盛り込む働き方改革関連法案に意欲を見せる。立憲民主党などは「残業代ゼロ法案」と批判しており、審議は長期化する可能性がある。

続きを読む

「ニュース」のランキング