産経ニュース

中国外務省が接続水域入り正当化 海自艦艇を「追跡、監視」と主張

ニュース 政治

記事詳細

更新


中国外務省が接続水域入り正当化 海自艦艇を「追跡、監視」と主張

中国外務省の陸慷報道局長(共同) 中国外務省の陸慷報道局長(共同)

 中国外務省の陸慷報道局長は11日の記者会見で、中国海軍の艦船が沖縄県・尖閣諸島周辺の接続水域に入ったことについて「海上自衛隊の艦艇2隻が接続水域に入り、中国海軍が日本側の活動を追跡、監視した」と主張した。さらに「釣魚島(尖閣の中国名)は中国固有の領土だ」と強調し、中国側の行動を正当化した。「釣魚島が中国に属するとの客観的な事実を日本側の行動が変えることはできない」と述べ、日本政府の中国への抗議を受け入れない姿勢を示した上で「いざこざを起こさないよう求める」と日本側を批判した。(共同)

「ニュース」のランキング