産経ニュース

河野太郎外相「明らかに私の間違い」ミニマム公館で自身の非認める

ニュース 政治

記事詳細

更新


河野太郎外相「明らかに私の間違い」ミニマム公館で自身の非認める

閣議を終え、記者団の質問に答える河野太郎外相=9日午前、首相官邸(斎藤良雄撮影) 閣議を終え、記者団の質問に答える河野太郎外相=9日午前、首相官邸(斎藤良雄撮影)

 河野太郎外相は9日午前、外務省職員を前に新年のあいさつを行い、行政改革担当相時代に主導した在外公館の定員を4人に減らす「ミニマムマイナス公館」について「明らかに私の間違い、失敗だった」と述べ、自身の非を認めた。

 河野氏は年明けにインド洋のモルディブを訪問したエピソードを紹介。首都マレの大使館がミニマムマイナス公館であることに言及した上で「この人数ではとても回らないし、館員の休暇もなかなか取れない。自分のやった失敗は取り戻さなければならないことを痛切に感じた」と振り返った。

 導入に意欲をみせる外相専用機にも触れ「専用機の話ばかりが先行しているが、これは(外交力を強化する)パズルのピースの一つであって、それよりも効果の大きいものがある」と述べた。

 また、中国が推進する現代版シルクロード経済圏構想「一帯一路」を念頭に「世界銀行やアジア開発銀行のルールを変えて、大きくなっているインフラ需要にどれだけ供給することができるのか、そういうことも考えていかなければならない」と強調した。

関連ニュース

「ニュース」のランキング