産経ニュース

【櫻井よしこ 美しき勁き国へ】日本国憲法は米国の「根絶政策」 日本本来の価値観に立脚して憲法改正せよ 

ニュース 政治

記事詳細

更新

【櫻井よしこ 美しき勁き国へ】
日本国憲法は米国の「根絶政策」 日本本来の価値観に立脚して憲法改正せよ 

 伊勢神宮の参拝を終え、年頭の記者会見をする安倍首相=4日午後、三重県伊勢市  伊勢神宮の参拝を終え、年頭の記者会見をする安倍首相=4日午後、三重県伊勢市

 米政治学者サミュエル・ハンチントンが米国の「根絶政策」と呼んだ日本国憲法を一文字も変えることなく今日に至っていることと、前述の日本に蔓延する奇妙な自己否定は深くつながっている。憲法改正に関する政界の眠りこけたような鈍感さも同様だ。

 安倍晋三首相は3度の衆議院選挙、2度の参議院選挙を憲法改正を公約として戦い、いずれも大勝した。憲法改正を国民に訴え、国民はそれを支持している。にもかかわらず、なぜ、自民党の動きは鈍いのか。公明党はそれでも国民の命に責任をもつ与党か。

 首相は昨年5月、9条1項、2項に加えて自衛隊を憲法に書き込むことを提案した。元日の産経新聞紙上で、これは憲法改正の議論活発化を願っての提案だったこと、自民党には党是である憲法改正を進めていく責任があり、自衛隊の違憲論に終止符を打つことが大事だと、語った。

 4日の年頭記者会見でも、国の形、理想の姿を示すのが憲法で、「戌年の今年こそ、新しい時代への希望を生み出すような憲法のあるべき姿を提示し、国民的議論を一層深めていく」と明言した。首相は改正の時期は自民党および国会に任せるという慎重な姿勢を崩さないが、党総裁の思いに党はなぜ正対しないのか。日本を取り巻く国際環境の厳しさは憲法改正は焦眉の急だと告げているではないか。

続きを読む

このニュースの写真

  • 日本国憲法は米国の「根絶政策」 日本本来の価値観に立脚して憲法改正せよ 

「ニュース」のランキング