産経ニュース

共産VS立憲民主、「暗闘の年」幕開け 参院選の相互推薦へ枝野代表に踏み絵 

ニュース 政治

記事詳細

更新


共産VS立憲民主、「暗闘の年」幕開け 参院選の相互推薦へ枝野代表に踏み絵 

日本共産党「2018年新春党旗びらき」で挨拶する志位和夫(日本共産党委員長)=4日午前、東京都渋谷区(宮川浩和撮影) 日本共産党「2018年新春党旗びらき」で挨拶する志位和夫(日本共産党委員長)=4日午前、東京都渋谷区(宮川浩和撮影)

 立憲民主党と共産党の暗闘の年が幕を開けた。過去2回の国政選挙で一方的に候補を降ろした共産党が、来年の参院選では相互推薦を目指す方針を打ち出したのだ。「阿吽(あうん)の呼吸」による候補一本化を、政党間の協議に基づく協力に深化させる提案は、共産党と「共闘」していることすら否定する野党第一党に突きつけられた踏み絵といえる。

協議開始呼びかけ

 共産党の志位和夫委員長は4日の「党旗びらき」の式典でさっそくボールを投げた。

 「立憲民主、社民、自由、民進の各党に対し、すみやかな、真剣な、政策対話と候補者調整の協議を開始することを呼びかける」

 4党を横並びに据えた表現ではあるが、立憲民主党の枝野幸男代表に向けたメッセージであることは間違いない。枝野氏は「野党共闘」や「選挙協力」という言葉を決して口にせず、野党間の候補者調整は「幅広い市民との連携」の成果だと主張してきたからだ。市民の声に応えた候補者一本化という体裁をとることによって、憲法や自衛隊に関する共産党との見解の隔たりを棚上げにできた。

続きを読む

このニュースの写真

  • 共産VS立憲民主、「暗闘の年」幕開け 参院選の相互推薦へ枝野代表に踏み絵 

関連トピックス

関連ニュース

「ニュース」のランキング