産経ニュース

【年の瀬記者ノート】福島・避難指示解除、廃炉作業… 「振り返らず、今は前へ」

ニュース 政治

記事詳細

更新

【年の瀬記者ノート】
福島・避難指示解除、廃炉作業… 「振り返らず、今は前へ」

福島第1原発を視察する内堀雅雄知事(左)。燃料棒取り出しに向け、ドーム形のカバー設置作業が続く3号機もみえる=11月15日 福島第1原発を視察する内堀雅雄知事(左)。燃料棒取り出しに向け、ドーム形のカバー設置作業が続く3号機もみえる=11月15日

 まもなく終わる平成29年。福島でもさまざまな出来事があった。福島市に拠点を置く室屋義秀さんのエアレース総合優勝、県営あづま球場(福島市)での2020東京五輪の野球・ソフトボール開催決定など、県民を笑顔にさせるニュースも多かった。一方、神奈川県座間市のアパートで9人の切断遺体が見つかった事件では福島市の女子高校生も被害者となったほか、下郷町の連続遺体遺棄事件など凄惨(せいさん)な話も、少なくなかった。そんな1年を思いつくまま、振り返った。(竹中岳彦)

 東京電力福島第1原発事故により富岡、浪江、川俣、飯舘の4町村に出されていた避難指示が3月31日~4月1日に解除された。一時、11市町村に1150平方キロあった避難区域は、370平方キロ(県土の2・7%)まで縮小した。

 富岡町では災害公営住宅の整備が進み、10月にはJR常磐線富岡-竜田駅(楢葉町)間での運転が再開。川俣町山木屋地区には復興拠点の商業施設「とんやの郷」が、飯舘村には「いいたて村の道の駅までい館」がオープン。生活環境の整備や来年4月の学校再開に向けた取り組みも続く。

続きを読む

このニュースの写真

  • 福島・避難指示解除、廃炉作業… 「振り返らず、今は前へ」

「ニュース」のランキング