産経ニュース

【年の瀬記者ノート】群馬・衆院選で火種残した自民1区 “地元”自任の候補者3氏が当選…争いは始まっている

衆院選2017特集 政治

記事詳細

更新

【年の瀬記者ノート】
群馬・衆院選で火種残した自民1区 “地元”自任の候補者3氏が当選…争いは始まっている

選挙期間中は尾身朝子氏と中曽根康隆氏のツーショットが頻繁に見られた。ともに当選したが新たな戦いは始まっている=10月13日、前橋市(久保まりな撮影) 選挙期間中は尾身朝子氏と中曽根康隆氏のツーショットが頻繁に見られた。ともに当選したが新たな戦いは始まっている=10月13日、前橋市(久保まりな撮影)

 短期決戦となった10月の衆院選は「自民大勝」という形で幕を下ろした。それを象徴するのが、1区を取り巻く候補者3氏の当選だった。

 野党の比例復活も許さず、自民県連幹部が「予想以上だった」と胸をなで下ろすほどの完勝。だが同時に、1区を“地元”とする現職国会議員が3人になるという大きな火種を残した。

 「この地が私の地元でございます。末永く頑張っていきたい」

 投開票当日の10月22日午後9時ごろ、尾身朝子氏の事務所で行われた当選式。集まった支持者に尾身氏はこう声を張り上げた。

 他候補者が出馬をにおわせても「やることをやるだけ」と淡々と準備をし、選挙戦に臨んだ尾身氏だったが、2期目のスタートとなったこの日ばかりは、1区は譲らないとの決意がにじんでいた。

 一方、同日午後11時ごろ。比例代表の中曽根康隆氏の事務所は、35歳の若き「サラブレッド議員」の誕生を祝し、熱気に包まれていた。

 今年の衆院選は、集会を開けば2千人超の支持者が集まる中曽根氏が、どんな形で出馬するか次第で候補者の勝敗が左右される構図だったのは間違いない。

続きを読む

関連ニュース

「ニュース」のランキング