産経ニュース

【歴史戦】軍艦島旧島民ら「地獄島じゃない」 証言動画公開で誤解に反論

ニュース 政治

記事詳細

更新

【歴史戦】
軍艦島旧島民ら「地獄島じゃない」 証言動画公開で誤解に反論

戦艦「土佐」に似ていることから軍艦島と呼ばれるようになった端島=長崎市(奈須稔撮影) 戦艦「土佐」に似ていることから軍艦島と呼ばれるようになった端島=長崎市(奈須稔撮影)

 一般財団法人「産業遺産国民会議」は23日までに、ホームページで2015年に世界文化遺産に登録された長崎市の端島(はしま)炭坑(通称・軍艦島)で朝鮮人労務者と一緒に作業した旧島民などの証言を収めた動画を公開した。端島の誤解を広めるきっかけとなった「長崎在日朝鮮人の人権を守る会」が編集・出版した『軍艦島に耳を澄ませば 端島に強制連行された朝鮮人・中国人の記録』や、長崎市にある「岡まさはる記念長崎平和資料館」で配布されているパンフレットなどを取り上げて反論している。

 「端島は地獄島」とのプロパガンダには、「朝鮮人労働者は鉄格子のある建物に収容された」「食事を十分に与えられなかった」などといった強制労働を主張する証言が伴うが、旧島民の証言からは異なる当時の様子が浮かび上がってくる。

   ■   ■

 「鉄格子のあるみすぼらしい建物には朝鮮人労働者たちが収容された」

 岡まさはる記念長崎平和資料館で無料配布されるパンフレットには、こんな記載があるが、動画で旧島民たちは一斉に反論する。

 「鉄格子のはまってるところは見たことないです」

 「朝鮮の人なんか、もうみんな、その頃は炭坑が(好)景気でよそから来ますから、家族連れでね」

 「鉄格子のあったら大ごとだったね。ほかの者にも聞いてよかたい」

 このほか、パンフレットには「朝鮮人労働者たちを監視するための高さ10メートルの塔もあった」とある。ある旧島民は「そんな余分な塔を建てるような土地はないはずだからね、端島の場合は。朝鮮人のかしらに朝鮮人の従業員管理は責任もたせとったけんね」と語る。別の旧島民も「10メートルなんて建ったらすぐにわかるはずですよね」と語るなど、誰もが塔の存在を否定する。

   ■   ■

続きを読む

「ニュース」のランキング