産経ニュース

憲法改正「優先順位高いと思わない」 枝野幸男立民代表、党が掲げる「解散権制約」は当面提示せず

ニュース 政治

記事詳細

更新


憲法改正「優先順位高いと思わない」 枝野幸男立民代表、党が掲げる「解散権制約」は当面提示せず

立憲民主党の枝野幸男代表 立憲民主党の枝野幸男代表

 立憲民主党の枝野幸男代表は21日午後の日本記者クラブでの会見で、党が憲法改正の検討項目に掲げている「衆院解散権の制約」に関し、当面は国会の憲法審査会に提示しない考えを示した。「あり得ない。(改憲が)優先順位が高いとは思っていない」と語った。

 枝野氏は「(改憲案を)出す前にコンセンサスを得られる可能性を見極める。出すことだけに意味を持つような出し方はしない」とも述べた。

 また、自民党が来年の通常国会に改憲案を示すことを視野に議論を進めているのに対し、枝野氏は「(憲法審査会で)採決をする必要があるとは思っていない」と訴え、現時点での改憲議論に消極的な姿勢を重ねて強調した。

関連トピックス

「ニュース」のランキング