産経ニュース

立憲民主・枝野幸男代表「安倍晋三首相は保守主義ではなくパターナリズム。自分は保守でありリベラル」

ニュース 政治

記事詳細

更新


立憲民主・枝野幸男代表「安倍晋三首相は保守主義ではなくパターナリズム。自分は保守でありリベラル」

共同通信加盟社編集局長会議で講演する立憲民主党の枝野幸男代表=15日午後、東京・東新橋(代表撮影) 共同通信加盟社編集局長会議で講演する立憲民主党の枝野幸男代表=15日午後、東京・東新橋(代表撮影)

 立憲民主党の枝野幸男代表は15日、共同通信社で講演し、安倍晋三首相の政治思想について「パターナリズムだとは思うが、保守だとは思っていない」と断じた。

 パターナリズムは、日本語で「家父長主義」と訳される場合が多い。パターナリズムだとする根拠として、安倍首相が経済政策「アベノミクス」を語る際に「この道しかない」というフレーズを用いたことを挙げ、「いろいろな道があって試行錯誤していくのが保守主義だ。この道しかないという考え方は保守とは対極にある」と述べた。

 自らについては「保守だ。少なくとも革新ではないが、リベラルだ」と改めて強調した。

関連トピックス

「ニュース」のランキング