産経ニュース

AI予算倍増、1000億円超 政府方針 技術革新後押し

ニュース 政治

記事詳細

更新


AI予算倍増、1000億円超 政府方針 技術革新後押し

 政府は14日、自動走行車や高性能ロボットなどの頭脳にあたる人工知能(AI)関連予算として、平成29年度補正予算案と30年度当初予算案の合計で1千億円超を確保することで調整に入った。「第4次産業革命」とも呼ばれるAI分野での技術革新を後押しし、経済成長の起爆剤とする狙いがある。

 各省は30年度予算案の概算要求で計1006億5千万円を要求した。政府関係者は「一部を29年度補正予算案に前倒しし、30年度予算と合計で1千億円を超える」と話す。AI関連予算を29年度(517億円)から実質的に倍増させる。28年度の337億円からは約3倍となる。

 政府は、AIやモノのインターネット(IoT)、ロボットなどの新技術を高度に組み合わせ、社会の変革を図る「ソサエティー5・0」を提唱している。8日に閣議決定した「人づくり革命」「生産性革命」の政策パッケージでも、AIやロボットなどを現場に導入する必要性を強調した。

 交通事故の減少や快適な移動を実現する自動走行車に関し、政府は29年度補正予算案で、産学官で研究開発を行う内閣府の戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)に325億円を計上する。

続きを読む

「ニュース」のランキング