産経ニュース

迷走8年、ようやく決着 下田市庁舎移転条例案を可決 静岡

ニュース 政治

記事詳細

更新


迷走8年、ようやく決着 下田市庁舎移転条例案を可決 静岡

 今年度内に設計業者を選定した上で、31年度中に着工し、33年3月までに完成させるスケジュールを描いており、新市庁舎の使用開始は33年5月ごろになるとの見通しも示した。

 市は新市庁舎の事業費を最大30億円とし、うち23億円を国の制度を活用して賄う方針。当初は海抜2・5メートルの現在地で建て替える予定だったが、東日本大震災後に建て替え場所が(1)海抜50メートルの高台である「敷根公園前」(2)中心市街地に近い「敷根民有地」(海抜7・5メートル)-と変更され、最終的に海抜約10メートルの稲生沢民有地に落ち着くことになった。

このニュースの写真

  • 迷走8年、ようやく決着 下田市庁舎移転条例案を可決 静岡

「ニュース」のランキング