産経ニュース

【岩泉町長わいせつ疑惑】「わいせつ目的で朝、行きますか?」「助けてという幻聴と幻覚から、はせ参じた」 伊達勝身町長の会見詳報

ニュース 政治

記事詳細

更新

【岩泉町長わいせつ疑惑】
「わいせつ目的で朝、行きますか?」「助けてという幻聴と幻覚から、はせ参じた」 伊達勝身町長の会見詳報

岩手日報の女性記者にわいせつ行為をしたと報じられ、記者会見で釈明する岩手県岩泉町の伊達勝身町長=6日、町役場(石田征広撮影) 岩手日報の女性記者にわいせつ行為をしたと報じられ、記者会見で釈明する岩手県岩泉町の伊達勝身町長=6日、町役場(石田征広撮影)

 岩手日報の女性記者にわいせつ行為をしたと、同紙に報じられた岩手県岩泉町の伊達勝身町長(74)が6日、記者会見し、記者に抱きついたことを認めた。キスをしたとの指摘に関しては否定し、わいせつ目的でなく、病気による幻聴が原因の「迷惑行為」だったと強調。進退については「辞職も含めて考えていく」と述べた。主な内容は次の通り。

 --報道では複数回キスされたとあるが

 「私自身はそういう認識がありません、記憶もございません。そういった目的で行ったわけではなく、あくまで“助けてくれ”という声が聞こえてきたんで、助けに行ったという認識です」

 --自らの出処進退は

 「出処進退の時期ですが、大変な時期で、復興もあり、議会と協議している。私としてはどこまで治療すれば治癒するのか、不明確でもあります。病院から通うのも難しい。いろいろな立場の人と相談しながら考えていきたい」

 --方向性は

 「進むことも退くことも両方ある」

 --キスをした記憶はないのか

 「そのように確信しています。たとえば、わいせつ目的で朝、行きますか? 全くそのような意識はありません。“助けて”という幻聴と幻覚から、はせ参じた」

 --記者とは初対面か

続きを読む

関連サイト

このニュースの写真

  • 「助けてという幻聴で女性記者のホテルへ」「思わず抱きしめた」 伊達勝身町長が記者会見「辞職も含めて考える」
  • 「助けてという幻聴で女性記者のホテルへ」「思わず抱きしめた」 伊達勝身町長が記者会見「辞職も含めて考える」

関連ニュース

「ニュース」のランキング