産経ニュース

日米の指揮所演習開始 複合攻撃に共同対処 陸自仙台駐屯地

ニュース 政治

記事詳細

更新


日米の指揮所演習開始 複合攻撃に共同対処 陸自仙台駐屯地

日米共同方面隊指揮所演習「ヤマサクラ」の開始式=5日午前、仙台市の陸自仙台駐屯地 日米共同方面隊指揮所演習「ヤマサクラ」の開始式=5日午前、仙台市の陸自仙台駐屯地

 陸上自衛隊と米軍による日米共同方面隊指揮所演習「ヤマサクラ」の開始式が5日、陸自仙台駐屯地(宮城県仙台市)で行われた。

 具体的な敵国は想定せず、着上陸侵攻や弾道ミサイル、サイバーなど複合的な攻撃への共同対処にコンピューター上で取り組み、能力の維持向上を図る。

 開始式で陸自東北方面総監の山之上哲郎陸将は北朝鮮問題を念頭に「この時期に行うヤマサクラは日米が100%共にあることを示す絶好の機会だ」と訓示した。

 演習は13日まで。日本側は陸自東北方面隊を中心とした約5千人、米側は陸軍などの約1600人が参加する。

 ヤマサクラは昭和57年に始まり、今回で73回目。

「ニュース」のランキング