産経ニュース

【天皇陛下譲位】菅義偉官房長官が「平成31年4月30日譲位」を閣議報告 8日に閣議決定

ニュース 政治

記事詳細

更新

【天皇陛下譲位】
菅義偉官房長官が「平成31年4月30日譲位」を閣議報告 8日に閣議決定

 記者会見する菅官房長官=5日午前、首相官邸  記者会見する菅官房長官=5日午前、首相官邸

 菅義偉官房長官は5日午前の閣議で、天皇陛下が平成31年4月30日に譲位されることを決めた皇室会議の概要について報告した。閣僚からの意見はなかった。菅氏は閣議後の記者会見で、8日に開かれる次回の閣議で譲位日を定める政令を決定することを明らかにした。譲位日が正式決定した後、政府は31年5月1日の皇太子さまの即位と同時の改元に向け、元号法の政令制定の手続きにも入る。

 菅氏は会見で、憲政史上初めてとなる譲位と皇太子さまのご即位が「つつがなく行われるよう全力で取り組んでいきたい」と述べた。また、即位の礼などさまざまな儀式の準備について「宮内庁を中心に現在検討を進めているが、過去の例も含めて適切に検討し、遺漏のないようにしっかり準備を進めていきたい」と語った。

 新元号の公表時期については「国民生活への影響などを考慮しながら適切に判断したい」と述べるにとどめた。

 皇室会議の議長を務める安倍晋三首相は12月1日に会議を招集した。会議は「皇位の継承に伴う国民生活への影響を考慮することなどに留意する必要がある」として、陛下が31年4月30日に譲位されることを決めた。

関連トピックス

「ニュース」のランキング