産経ニュース

【普天間移設】希少サンゴの状況と影響を検討 防衛省の環境監視委

ニュース 政治

記事詳細

更新

【普天間移設】
希少サンゴの状況と影響を検討 防衛省の環境監視委

 米軍普天間飛行場の沖縄県名護市辺野古移設を巡り開かれた「環境監視等委員会」=5日午前、防衛省  米軍普天間飛行場の沖縄県名護市辺野古移設を巡り開かれた「環境監視等委員会」=5日午前、防衛省

 防衛省は5日午前、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設計画を巡り、周辺環境への影響を検討する「環境監視等委員会」を省内で開いた。埋め立て予定海域に生息する絶滅の恐れのある希少なサンゴの状況などについて意見交換する。

 防衛省沖縄防衛局は10月、環境省が絶滅危惧種のリスト(レッドリスト)に絶滅危惧II類として掲載する「オキナワハマサンゴ」1群体について、別の場所に移植して保護するための「特別採捕許可」を沖縄県に申請。辺野古移設に反対する翁長雄志知事は許可の可否を慎重に審査する方針だ。

 予定海域では11月にも、希少なサンゴ10群体が新たに見つかった。沖縄防衛局は取り扱いについて同委員会の指導と助言を踏まえて対応する。

「ニュース」のランキング