産経ニュース

希望、供託金8.1億円返します 玉木雄一郎氏保証人「1000円すら借りたことないが…」

ニュース 政治

記事詳細

更新


希望、供託金8.1億円返します 玉木雄一郎氏保証人「1000円すら借りたことないが…」

希望の党の玉木雄一郎代表(斎藤良雄撮影) 希望の党の玉木雄一郎代表(斎藤良雄撮影)

 希望の党は3日、先の衆院選で比例代表候補が負担した供託金計8億1千万円を候補者全員に返還する方針を固めた。玉木雄一郎代表が保証人となり金融機関から融資を受けて返済にあてる。4日の党役員会で正式決定する。

 主要政党の比例候補の供託金は党が負担するのが一般的だが、衆院選直前の9月に発足した希望の党は財政難のため候補者234人がそれぞれ立て替えていた。当初は落選者に優先して返す予定だったが、現職から異論もあり、全員に返却する方針に切り替えた。

 保証人となる玉木氏は産経新聞の取材に「千円すら借りたことがないが、あらゆるリスクを引き受けるのが務めだ」と語った。党首の求心力向上につなげる狙いもありそうだ。

 衆院選の供託金は選挙区300万円、比例600万円で、重複候補者は比例が300万円に減額される。

「ニュース」のランキング