産経ニュース

立憲民主・枝野幸男代表 憲法改正の国会発議「全会一致になる努力を」

ニュース 政治

記事詳細

更新


立憲民主・枝野幸男代表 憲法改正の国会発議「全会一致になる努力を」

立憲民主党の枝野幸男代表(斎藤良雄撮影) 立憲民主党の枝野幸男代表(斎藤良雄撮影)

 立憲民主党の枝野幸男代表は3日、長野市での記者会見で、憲法改正について各党が国会発議で賛成できるような状況をつくるのが望ましいとの認識を示した。安倍晋三首相(自民党総裁)が改憲を目指していることを踏まえ「どうしても発議するなら、国会で全会一致になるくらい努力すべきだ。安倍政権にはその姿勢がなく、無責任だ」と述べた。

 発議後の国民投票については「もし最初の発議が否決されることになれば、憲法論議がタブーであるという状況が強まり、決して望ましくない」と指摘した。改憲論議の優先事項として衆院の解散権制約を改めて挙げ「われわれは護憲ではない。良い改正ならば賛成、改悪は徹底的に反対する」と強調した。

関連トピックス

「ニュース」のランキング