産経ニュース

【皇室会議】与野党「静かな環境で」、陛下に感謝の声も 

ニュース 政治

記事詳細

更新

【皇室会議】
与野党「静かな環境で」、陛下に感謝の声も 

天皇陛下の退位を巡り、意見を聴取する皇室会議に臨むメンバー=1日午前、宮内庁(代表撮影) 天皇陛下の退位を巡り、意見を聴取する皇室会議に臨むメンバー=1日午前、宮内庁(代表撮影)

 1日の皇室会議で天皇陛下の譲位の日程が決まったことを受け、与野党からは静かな環境で準備が進むよう願う声が相次いだ。「平成31年4月30日譲位、5月1日改元」の日程にも評価する意見が目立った。象徴天皇として、平成の世の激務をお務めになられた天皇陛下に対し、感謝の言葉も多く出た。

 自民党の二階俊博幹事長は「天皇陛下は日本国民の象徴として常に国民とともに歩み、国民の安寧と幸せをお祈りくださっている。心からの感謝を申し上げながら、前例のない式典の準備を万端に進めていくことが、政府の大きな責任だ」との談話を発表した。

 さらに「憲政史上初めてのことになるが、党としても、国民の協力も得て政府とともにしっかりと取り組んでいく」とも記した。

 同党の萩生田光一幹事長代行も記者会見で、「ご退位は静かな環境の中、粛々と進めていただきたいというのが国民の総意だ。陛下に深く思いを致し、感謝しながら進めることが肝要だ」と強調した。

 同党の吉田博美参院幹事長は記者会見で、31年4月1日に改元する案も取り沙汰されたことを踏まえ「3月は予算案(の国会審議)もあって大変な時期だ。静かな環境での退位と即位のためには一番いい時期になった」と述べた。

続きを読む

このニュースの写真

  • 与野党「静かな環境で」、陛下に感謝の声も 
  • 与野党「静かな環境で」、陛下に感謝の声も 
  • 与野党「静かな環境で」、陛下に感謝の声も 

「ニュース」のランキング