産経ニュース

【憲法改正】「改憲の国民投票難しい」 衆院憲法審で実質論議スタート 欧州での実例を報告

ニュース 政治

記事詳細

更新

【憲法改正】
「改憲の国民投票難しい」 衆院憲法審で実質論議スタート 欧州での実例を報告

中谷元氏 中谷元氏

 衆院憲法審査会は30日、先の衆院選後初めての実質的な論議を行った。7月に欧州3カ国を訪れて国民投票のあり方などについて議会関係者と意見交換した議員らが視察結果を報告。国民投票で改憲案が否決されたイタリアなどを念頭に、国民投票の難しさを指摘する声が相次いだ。

 超党派の議員団は英国、イタリアなどを訪問した。昨年末の国民投票で改憲案が否決されて当時のレンツィ首相が辞任に追い込まれたイタリアでは、改憲の是非よりも首相への信任投票の様相だったとの指摘があった。

 視察に参加した自民党の中谷元・元防衛相は、イタリア議会関係者が指摘した内容を引用し「(国民投票で)何をしようとしているのか国民にうまく伝えないと、きちんとした結果は出ない」と主張した。公明党の北側一雄副代表は「政治的なリスク伴う国民投票はハードルが高い。国会発議も多数派だけで先行して進めることは不可能だ」と牽制し、多くの政党による合意形成、維持が不可欠との認識を示した。

続きを読む

このニュースの写真

  • 「改憲の国民投票難しい」 衆院憲法審で実質論議スタート 欧州での実例を報告
  • 「改憲の国民投票難しい」 衆院憲法審で実質論議スタート 欧州での実例を報告
  • 「改憲の国民投票難しい」 衆院憲法審で実質論議スタート 欧州での実例を報告

「ニュース」のランキング