産経ニュース

【北ミサイル】米国・韓国と「圧力最大限まで」を確認 外務省幹部

ニュース 政治

記事詳細

更新

【北ミサイル】
米国・韓国と「圧力最大限まで」を確認 外務省幹部

外務省の金杉憲治アジア大洋州局長(共同) 外務省の金杉憲治アジア大洋州局長(共同)

 北朝鮮による弾道ミサイル発射を受け、外務省の金杉憲治アジア大洋州局長は29日、米韓両国の6カ国協議首席代表と相次ぎ電話で会談した。会談では「あらゆる手段を通じ北朝鮮に対する圧力を最大限まで高め、北朝鮮の政策を変えさせることが必要不可欠」との認識で一致した。

 金杉氏が電話会談したのは米国務省のジョセフ・ユン北朝鮮担当特別代表と韓国外務省の金●(=火へんに共)均(キム・ホンギュン)朝鮮半島平和交渉本部長。

 金杉氏とユン、金両氏はそれぞれの電話会談で「国際社会が繰り返し示している強い警告と非難を無視し、北朝鮮が挑発行動を行ったことは断じて容認できない」との認識も確認。日米、日韓、日米韓で緊密に連携して「断固として対応する」ことを申し合わせた。

関連トピックス

関連ニュース

「ニュース」のランキング