産経ニュース

【衆院予算委員会】河野太郎外相「政府保有機の派遣必要」 北朝鮮有事の際の在韓邦人退避で 関係各国との連携も強調

ニュース 政治

記事詳細

更新

【衆院予算委員会】
河野太郎外相「政府保有機の派遣必要」 北朝鮮有事の際の在韓邦人退避で 関係各国との連携も強調

衆院予算委員会で、自民党の新藤義孝氏の質問に答弁する河野太郎外相=27日午後、国会・衆院第1委員室(斎藤良雄撮影) 衆院予算委員会で、自民党の新藤義孝氏の質問に答弁する河野太郎外相=27日午後、国会・衆院第1委員室(斎藤良雄撮影)

 河野太郎外相は27日の衆院予算委員会で、北朝鮮有事の際の在韓邦人退避について「民間の航空機で退避できない状況となった場合、政府が保有する航空機・船舶の派遣が必要となってくる」と述べ、政府専用機や自衛隊の航空機・艦船の派遣を検討する必要があるとの認識を示した。自民党の新藤義孝元総務相の質問に答えた。

 河野氏は、米国や韓国などを念頭に「友好国や国際機関との協力などが必要になってくる」とも述べた。さらに、「必要に応じて関係国の方々の安全確保に努めていきたい」と語り、日本人以外の在韓外国人の非戦闘員退避活動(NEO)で協力する考えも改めて示した。河野氏は産経新聞のインタビューで、日本人以外の日本受け入れを検討する考えを表明している。

 一方、韓国で元慰安婦をたたえる記念日創設など、一昨年末の日韓合意に反する動きが続いていることについて「未来志向でやろうという中、時々、水を差すようなことが起きる」と批判した。その上で「そういう時にはきちんと韓国政府に対し日韓合意を誠実に履行するよう申し入れをしている」と強調した。

「ニュース」のランキング