産経ニュース

菅義偉官房長官、皇室会議の来月1日開催を発表 譲位日「できるだけ早く確定」 

ニュース 政治

記事詳細

更新


菅義偉官房長官、皇室会議の来月1日開催を発表 譲位日「できるだけ早く確定」 

皇室会議の日程等について記者会見する菅義偉官房長官=22日午前、首相官邸(斎藤良雄撮影) 皇室会議の日程等について記者会見する菅義偉官房長官=22日午前、首相官邸(斎藤良雄撮影)

 菅義偉官房長官は22日午前、首相官邸で記者会見し、天皇陛下の譲位や改元の日程を決める皇室会議を12月1日午前9時に宮内庁で開くと正式発表した。安倍晋三首相が衆参両院議長や皇族らから意見を聞く。政府は皇室会議の意見を踏まえ、譲位日程を速やかに閣議決定する。

 譲位と改元の日程について、政府は天皇陛下が平成31年3月31日に譲位され、4月1日に改元する案と、31年4月30日に譲位され、5月1日に改元する案を検討。首相は統一地方選などを考慮して5月1日の案を推す意向を示している。

 菅氏は会見で「円滑なご退位(譲位)の実現に万全を期すには、できる限り早く退位日を確定したうえで、具体的な準備を進めていく必要がある」と述べた。譲位の時期については「私の立場でコメントすることは控えたい」とした。

 皇室会議は議長を務める首相が招集し、衆参両院の正副議長や最高裁長官、皇族、宮内庁長官ら計10人で構成される。現在、皇族議員は秋篠宮さまと常陸宮妃華子さま。ただ、秋篠宮さまは陛下の譲位により皇嗣となられるため、代わりに常陸宮さまが出席される。

 会議は非公開だが、終了後に菅氏や宮内庁が内容について記者会見する予定。

 菅氏は新元号の発表時期については「国民生活への影響を考慮しながら適切に検討する」と述べた。政府は年明けにも譲位に伴う儀式などを検討する、菅氏を長とする会議体を設置する方向で調整している。

このニュースの写真

  • 菅義偉官房長官、皇室会議の来月1日開催を発表 譲位日「できるだけ早く確定」 

関連トピックス

「ニュース」のランキング