産経ニュース

【代表質問】同じ民進・岡田克也、大塚耕平両氏に温度差 岡田氏は「反安倍」まっしぐら、大塚氏は希望の党へも配慮

ニュース 政治

記事詳細

更新

【代表質問】
同じ民進・岡田克也、大塚耕平両氏に温度差 岡田氏は「反安倍」まっしぐら、大塚氏は希望の党へも配慮

 民進党に党籍を残す衆院会派「無所属の会」の岡田克也代表と、民進党の大塚耕平代表が21日、それぞれ衆参両院の本会議で党分裂後初の代表質問に挑んだ。岡田氏は安倍晋三首相への対決姿勢をむき出しにしたが、大塚氏は北朝鮮情勢や憲法改正に関する質問を批判抜きで重ね、同じ党でありながら温度差がにじみ出た。この差は、今後の野党再々編の青写真をどう描くか、立ち位置の違いも浮き彫りにしている。

 「首相には逃げの答弁が目立つ。国民の疑問に対し正直に説明しなければ、信頼は戻りません!」

 岡田氏は21日の衆院本会議で、国会の質問時間をめぐる与野党攻防に絡め、首相の答弁姿勢をなじり倒した。議場は立憲民主党を中心にわき返り、議場の最後尾に座っていた菅直人元首相は「そうだ!」と体を乗り出して賛辞を送った。

 批判の矛先は、北朝鮮情勢をめぐる日米両首脳の協力関係にも向けられた。「全ての選択肢がテーブルの上にある」とのトランプ米大統領の立場を安倍首相が支持したことについて「先制的な軍事行動は選択肢から排除するよう説得すべきで首相の『支持』発言はあまりに軽率。撤回すべきだ」と指弾した。

続きを読む

「ニュース」のランキング