産経ニュース

改憲、待機児童で追及 立民・枝野幸男代表、首相に代表質問 衆院選後初

ニュース 政治

記事詳細

更新


改憲、待機児童で追及 立民・枝野幸男代表、首相に代表質問 衆院選後初

衆院本会議で質問する立憲民主党の枝野幸男代表=20日午後、国会(斎藤良雄撮影) 衆院本会議で質問する立憲民主党の枝野幸男代表=20日午後、国会(斎藤良雄撮影)

 安倍晋三首相の所信表明演説に対する各党代表質問が20日午後、衆院本会議で始まった。先の衆院選と第4次安倍政権発足後、首相が国会で答弁するのは初めてで論戦が本格化。最初の質問者として立憲民主党の枝野幸男代表は、集団的自衛権行使を可能にした安全保障関連法を前提とする憲法改正への反対を表明。政府が打ち出した待機児童対策では問題が解決しないと追及した。

 首相は、北朝鮮情勢などを念頭に「厳しい安全保障環境を直視し、困難な課題に真正面から取り組む」と述べた。枝野氏は、首相が目指す憲法9条への自衛隊明記について「専守防衛から大きく逸脱する」と指摘。改憲に関し、衆院の解散権制約や知る権利の拡大といった議論を進めるべきだと強調した。

 幼児教育の無償化では、親の年収や施設の種類を問わず対象にすべきだと主張。2020年度までに32万人の受け皿整備を進めるとした政府方針で問題は解消しないと訴えた。衆院で野党の質問時間を減らし、与党分を拡大することを批判した。

関連トピックス

「ニュース」のランキング