産経ニュース

【所信表明演説】首相は憲法改正議論の前進訴えるも…課題は公明、自民党内にも火種

ニュース 政治

記事詳細

更新

【所信表明演説】
首相は憲法改正議論の前進訴えるも…課題は公明、自民党内にも火種

衆院本会議で所信表明演説をする安倍晋三首相=17日午後、国会(斎藤良雄撮影) 衆院本会議で所信表明演説をする安倍晋三首相=17日午後、国会(斎藤良雄撮影)

 安倍晋三首相(自民党総裁)は17日の所信表明演説で、憲法改正議論の進展を与野党に呼びかけた。ただ、立憲民主党の枝野幸男代表が「大事なことは説明しない」と指摘するように、強い意気込みとまでいえるほどの内容ではなかった。連立を組む公明党は慎重姿勢を強め、自民党も自衛隊を明記する9条改正には異論が根強く、火種を抱える。(岡田浩明)

 「互いに知恵を出し合いながら、共に困難な課題に答えを出していく。そうした努力の中で、憲法改正の議論も前に進むことができる。そう確信している」。首相は演説の終盤に、改憲論議についてこう訴えた。

 自民、公明両党は先の衆院選で改憲の国会発議に必要な3分の2超の議席を維持した。両党に希望の党や日本維新の会を加えると、いわゆる改憲勢力は衆院全議席の8割に達する。

 自民党の二階俊博幹事長は17日の記者会見で、来年の通常国会で改憲発議を目指すかどうかについて「ずるずる先延ばしにしてもしょうがない。議論して多くの党員の期待に応えたい」と述べ、議論の進展に意欲を示した。

続きを読む

このニュースの写真

  • 首相は憲法改正議論の前進訴えるも…課題は公明、自民党内にも火種
  • 首相は憲法改正議論の前進訴えるも…課題は公明、自民党内にも火種
  • 首相は憲法改正議論の前進訴えるも…課題は公明、自民党内にも火種

関連ニュース

「ニュース」のランキング