産経ニュース

【めぐみへの手紙】拉致40年…トランプさんの目を見つめ、私の思いお話ししました

ニュース 政治

記事詳細

更新

【めぐみへの手紙】
拉致40年…トランプさんの目を見つめ、私の思いお話ししました

小学6年で引っ越してきた新潟で、家族と一緒に自宅そばに広がる日本海をながめる横田めぐみさん(左から2人目)。翌年、北朝鮮に拉致された=昭和51年 小学6年で引っ越してきた新潟で、家族と一緒に自宅そばに広がる日本海をながめる横田めぐみさん(左から2人目)。翌年、北朝鮮に拉致された=昭和51年

 めぐみちゃん、こんにちは。日本は木の葉が色づく季節が過ぎゆき、日々、寒さも感じるようになりました。あなたは美しい自然が本当に大好きでしたね。一刻でも早く、日本のきれいな風景を見せてあげたい。お父さんとお母さんはそれだけを願い、一生懸命がんばっていますよ。

 今年も11月15日を迎えてしまいます。決して忘れることはない「あの日」。昭和52年、新潟で13歳のあなたが連れ去られてから、40年がたってしまいます。なぜ今日まで助けられなかったのか…。53歳になったなんて想像もつきません。途方もなく長い月日を振り返ると、怒り、悔しさ、悲しさ、いろいろな感情が一気にこみ上げてきて、言葉になりません。

 13年間しか一緒にいられなかったけれど、あなたのちょっとしたしぐさ、楽しかった会話を今も鮮明に覚えています。助けるまでにこんなにも時間がかかってしまって本当にごめんね。

 お母さんは今月6日、拉致被害者家族会のみなさんと一緒に、米国のトランプ大統領にお会いしました。これまでもブッシュ大統領やオバマ大統領にお会いして、拉致問題の解決をお願いしました。どこにでもいる普通のお母さんが3人もの大統領にお会いするなんて、本当に不思議で、考えられないことです。とてつもなく重責で、しんどい思いをしました。

続きを読む

このニュースの写真

  • 拉致40年…トランプさんの目を見つめ、私の思いお話ししました

「ニュース」のランキング