産経ニュース

【野党ウオッチ】拝啓、前原誠司様 いまさら「希望の党との合流は正しくなかった」はないでしょう

ニュース 政治

記事詳細

更新

【野党ウオッチ】
拝啓、前原誠司様 いまさら「希望の党との合流は正しくなかった」はないでしょう

民進党の前原誠司代表インタビュー=10月4日午後、東京・永田町の民進党本部(斎藤良雄撮影 民進党の前原誠司代表インタビュー=10月4日午後、東京・永田町の民進党本部(斎藤良雄撮影

 「現下の厳しい国際情勢にかんがみ、現行の安全保障法制については、憲法にのっとり適切に運用する。その上で不断の見直しを行い、現実的な安全保障政策を支持する」

 衆院選で小池氏の失速が明らかになるや、希望の党に移籍した民進党出身者の一部は、この文言を「錦の御旗」のように掲げ、民進党時代と齟齬がないように語り出しました。「民進党は安保法制の違憲部分に反対していたのだから、『憲法に則り適切に運用する』というくだりで整合性がとれる」という理屈です。

 希望の党の共同代表選に出馬した大串博志衆院議員は「安保法制は容認しない」と公言しました。前原さんはどんな思いでこの主張を聞かれたのでしょうか。

 民進党は前原さんが代表だった頃、安保法制をいったん廃止するよう求めていました。一方、小池氏は衆院選の公示直前の記者会見などで、希望の党代表として「現行の安保法制は容認する」とはっきり語っていました。

 両者の間には「ルビコン川」が明確に横たわっています。政策協定書の攻防はあくまで政党内部の話で、有権者はこんなテクニカルな話をどこまで理解できるでしょうか。

続きを読む

このニュースの写真

  • 拝啓、前原誠司様 いまさら「希望の党との合流は正しくなかった」はないでしょう

関連トピックス

「ニュース」のランキング