産経ニュース

【野党ウオッチ】拝啓、前原誠司様 いまさら「希望の党との合流は正しくなかった」はないでしょう

ニュース 政治

記事詳細

更新

【野党ウオッチ】
拝啓、前原誠司様 いまさら「希望の党との合流は正しくなかった」はないでしょう

民進党の前原誠司代表インタビュー=10月4日午後、東京・永田町の民進党本部(斎藤良雄撮影 民進党の前原誠司代表インタビュー=10月4日午後、東京・永田町の民進党本部(斎藤良雄撮影

 当時の前原さんが抱いていた危機意識とは、これまでの民進党執行部が共産党との選挙協力を重視するあまり、安保政策や憲法問題で現実的な対応を取れなくなったということだったはずです。希望の党への合流は、安保法制や憲法改正などの対応を現実路線に戻し、これらを全面否定する党内勢力と決別する目的があったでしょう。

 外交や安全保障は与野党でそれほどの違いがなく、税金の使い道や行政改革など内政面で違いを勝負する-。米国型の2大政党制を目指す前原さんの目的意識は正しかったと思います。北朝鮮情勢がこれほど緊迫する中、国民の多数が「安保法制の全廃」などを掲げる勢力に政権を託したいと考えるでしょうか。

 だからこそ、希望の党が民進出身者に提出を求めた政策協定書の当初の案文には「限定的な集団的自衛権の行使を含め、安全保障法制を基本的に容認する」との言葉を入れたのだと思っていました。

続きを読む

このニュースの写真

  • 拝啓、前原誠司様 いまさら「希望の党との合流は正しくなかった」はないでしょう

関連トピックス

「ニュース」のランキング