産経ニュース

【ビジネス解読】習近平政権2期目、中国がより「閉鎖的」の予感 トランプ政権怒って米中経済摩擦の激化も 

ニュース 政治

記事詳細

更新

【ビジネス解読】
習近平政権2期目、中国がより「閉鎖的」の予感 トランプ政権怒って米中経済摩擦の激化も 

北京の故宮を訪れたトランプ米大統領(中央左)と中国の習近平国家主席(同右)=11月8日(ロイター) 北京の故宮を訪れたトランプ米大統領(中央左)と中国の習近平国家主席(同右)=11月8日(ロイター)

 中国を含むアジア各国を歴訪したトランプ氏は11月9日、北京で習氏とともに出席したイベントの席上で、米国の対中貿易赤字の大きさについて「衝撃的だ」と言及。中国による技術移転の強要や知的財産収奪などの問題を列挙し、「米国に少なくとも年間3000億ドル(約34兆円)の被害をもたらしている」と主張した。

 米国の9月の対中貿易赤字額は346億3800万ドルと前月比で0.7%減少したものの、米国の貿易赤字全体の約半分を占めている。トランプ氏は「残念ながら米中の貿易関係は極めて偏った、不公正なものだ」とも述べ、改めて是正を求めている。

 一方、米中はトランプ氏の訪中の間に、総額2535億ドルの巨額商談に調印したとも公表している。しかし米メディアでは、商談の多くは既存の契約を延長しただけだったり、最終合意に至っていなかったりする案件だとの指摘も目立つ。

 米政権高官はトランプ氏のアジア歴訪前、中国との経済問題での協議はますます難しくなっていると指摘。「中国が市場活動を重視する経済に移行するペースがスローダウンしている」と不満を表明しており、米中摩擦は再び激化しそうな勢いだ。(経済本部 小雲規生)

このニュースの写真

  • 習近平政権2期目、中国がより「閉鎖的」の予感 トランプ政権怒って米中経済摩擦の激化も 
  • 習近平政権2期目、中国がより「閉鎖的」の予感 トランプ政権怒って米中経済摩擦の激化も 

「ニュース」のランキング